税務・会計

サブカテゴリから探す

カテゴリ「税務・会計 » 会計・経理」に、12件が該当しました。
  • 【電子版】判例・裁決例にみる 関連会社・役員との取引をめぐる税務判断 編著/山本守之(税理士) 単行本 ¥3,456 試し読み 発行年月:2017年05月 ※ 2017年5月30日(初版)発行 会社間、会社と役員間の取引における税務判断のポイントが分かる! ◆関連会社や役員との取引において、取引価額や形態が税務上適正であるかの判断を示した判例・裁決例を厳選し、取引の内容により分類・整理した事例解説集です。 ◆各事例では、事案の概要と当事者の主張を紹介して争点を明確にするとともに、裁判所・国税不服審判所の判断について結論とポイントを簡潔にまとめ、実務への影響についてコメントしています。 ◆近年話題になったIBM事件や日産自動車事件をはじめ、情報公開請求による…
  • 【電子版】図解株式譲渡をめぐる税務Q&A 著/野口雅史(税理士) 単行本 ¥4,104 試し読み 発行年月:2014年11月 ※ 2014年11月26日(初版)発行 株式譲渡に伴う税務が図解でよくわかる! ◆株式の譲渡等に係るさまざまな課税関係について、Q&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆各設問では、課税の態様や特例制度の仕組み等を図表で端的に示しています。また、実務上留意すべき事項を「ここがポイント」として随所に掲げています。 ◆平成25年度、平成26年度における株式の譲渡等に係る税制改正を踏まえた最新の内容です。 ※平成25年度改正・・・少額投資非課税制度(NISA)の拡充、株式等に係る譲渡所得等の分離課税制度の見直…
  • 【電子版】[五訂版]法律事務所の経理と税務 編集/日本弁護士連合会 日弁連税制委員会 単行本 ¥3,024 試し読み 発行年月:2014年11月 ※ 2014年11月5日(五訂初版)発行 弁護士業務の必要経費の範囲に関する所要の改訂等を行った最新内容! ●所得税と消費税を中心に、税務会計のすべてをわかりやすく解説 ●一人事務所から共同事務所、弁護士法人まで、あるいは事務員・専従者から経理担当弁護士まで幅広く利用できる記帳・納税の手引書です。 ●個人事務所と法人事務所との税務の相違点、所得税と法人税の税額負担の計算例を示しています。
  • 【電子版】判例・裁決例にみる非公開株式評価の実務 共著/森正道(税理士)、梶野研二(税理士) 単行本 ¥3,672 試し読み 発行年月:2014年10月 ※ 2014年10月31日(初版)発行 非公開株式の適正な評価の指針に! ◆非公開株式の評価をめぐって争われた判例・裁決例を厳選し、体系的に分類・整理した事例解説集です。 ◆各事例の問題点を明示した上で、事案の概要・当事者の主張・裁判所(審判所)の判断をコンパクトに紹介するとともに、判断のポイント等をわかりやすく解説しています。 ◆非公開裁決の事例(情報公開法による開示情報)や時価の考え方の参考となる税法以外の分野の判例も取り上げています。
  • 【電子版】役員給与損金算入判断の手引 編著/伊東博之(税理士) 著/前原真一(税理士) 単行本 ¥2,916 試し読み 発行年月:2014年09月 ※ 2014年9月26日(初版)発行 解答が一目で理解できる! ◆役員給与の損金算入に関する判断を「○」「×」等で示しています。 ◆181の事例を「定期同額給与」、「事前確定届出給与」等に分類して掲載していますので、容易に検索ができます。 ◆課税当局の法人税部門の経験者で、この分野に造詣の深い税理士による執筆です。
  • 【電子版】印紙税課否判定の手引 共著/原幸(税理士)、恒吉良典(税理士)、鈴木澄子(公認会計士・税理士) 単行本 ¥3,780 試し読み 発行年月:2013年10月 ※ 2013年10月2日(初版)発行 ○×で課否がわかる! ◆日々の業務で作成される文書について、具体的な文書例を掲げて、印紙税が課税されるか否かを「○」「×」の記号で示しています。 ◆214のケースを商品売買関係、不動産売買関係といった文書の種類別に掲載していますので、検索が容易です。 ◆課税当局の印紙税調査部門の経験者など、この分野に造詣の深い税理士による執筆です。
  • 【電子版】支出先別交際費判定の手引 編著/山本守之(税理士)  著/守之会    単行本 ¥3,024 試し読み 発行年月:2013年06月 ※ 2013年6月20日(初版)発行 平成25年度税制改正で、中小企業における交際費の損金算入枠が拡充されました。 ◆企業が支出する各種費用について、法人税法上の交際費等に該当するか否かを「○」「×」「△」の記号で明示するとともに、判定のポイントをわかりやすく解説しています。 ◆実務上判断に迷う170のケースを取り上げ、支出する相手先別に分類していますので、知りたいケースを容易に探せます。 ◆税理士の研究団体である「守之会」のメンバーが、豊富な実務経験をもとに執筆しています。
  • 【電子版】税務経理処理・経営改善マニュアル : -企業救済のために- 著/山本清次(公認会計士・税理士) 単行本 ¥3,672 試し読み 発行年月:2013年05月 ※ 2013年5月28日(初版)発行 税務経理上の問題に適切な対応をするために! ◆税務・経理処理において発生しがちな問題が、経営上の弊害に拡大しないようにするための救済・改善策を、具体的なケースをもとにアドバイスしています。 ◆企業の税務・経理処理に精通した著者が、豊富な知識や経験に基づいて執筆しています。
  • 【電子版】Q&A 資本的支出・修繕費をめぐる税務 : 〔改訂版〕 編集/米田正巳(公認会計士・税理士) 単行本 ¥4,320 試し読み 発行年月:2012年11月 ※ 2012年11月12日(改訂初版)発行 資産の補修等に要した費用の適切な会計処理のために! ●平成23年12月の税制改正に基づく「200%定率法」の導入に伴う資本的支出の取扱いの改正、平成24年度までの税制改正及び東日本大震災関連の特例を盛り込みました。 ●建物・設備からソフトウェアまで、膨大な種類におよぶ固定資産の補修費用を詳細に項目設定。「資本的支出」か「修繕費」かの判断につき具体例を示して明らかにしています。
  • 【電子版】消費税課否判定の手引 著/黒田正雄(税理士) ¥3,024 試し読み 発行年月:2012年06月 ※ 2012年6月26日(初版)発行 「○×」で課否がわかる!95%ルール対応の指針に ●消費税が課税・非課税・不課税・免税かを「◯」「×」等で示しています。 ●201の事例を「売上げ、収益等」と「仕入れ、費用等」 に分けた上で、勘定科目別に掲げていますので、検索が容易にできます。 ●課税売上割合を計算する場合の分母・分子への加算の判定や、個別対応方式における課税仕入れの3区分の判定についても、表形式で示しています。
  • 【電子版】判例・裁決例にみる損金処理の税務判断 : -費用計上の適否及び時期- 著/廣川昭廣(税理士) 単行本 ¥3,564 試し読み 発行年月:2012年05月 ※ 2012年5月1日発行 判断の指針となる事例を収録! ●多数の判例・裁決例の中から、非公開裁決例も含め、費用計上の適否や時期について判断基準となりうる110件を取り上げて、整理・検討しています。 ●各事例では、事案の概要・納税者の主張・課税庁の主張・審判所(裁判所)の判断を紹介した上で、コメントで判断のポイントをわかりやすく解説しています。 ●長年税務行政に携わった著者による執筆で、実践的な内容となっています。
  • 【電子版】[定期購読]週刊T&Amaster : 税務・会計・会社法の総合情報誌 編集・発行/ロータス21 単行本 ¥18,144 試し読み 発行年月:2017年08月 ≪ 通常書籍は、新規ご購読のお客様限定の              年間購読お試しキャンペーンを実施中です!! ≫      → 新日本法規出版 Webショップはこちら ※ 定期購読/年48回発行 ★3分野の目まぐるしい改正にも素早く対応!今までにない一歩先を行く専門誌です! Speed 「ウェブサイト」(専門誌初!24時間体制で記者が更新!!) 最新ニュースをリアルタイムに掲載。情報の速さは日本一。 最近の動向が一目でわかる項目別表示、検索機能付。 Quality 「週刊誌」(毎週発行)税制改正情報、税務…
  • 全12件表示しています
  • Internet Explorerご利用のお客様
  • 電子書籍の読み方
  • 電子書籍アプリ
  • Facebookバナー

最近チェックした書籍

  • 最近チェックした書籍はありません