民事

サブカテゴリから探す

カテゴリ「民事 » 契約」に、24件が該当しました。
  • 【電子版】土壌汚染土地をめぐる法的義務と責任 著/小澤英明 単行本 ¥3,780 試し読み 発行年月:2019年08月 ※ 2019年8月7日(初版)発行 取引に大きな影響を与える土壌汚染の法的リスクがわかる! ◆土壌汚染土地に関わる当事者をひろく取り上げ、その法的義務と責任を、土壌汚染対策法と民法の両面から解説しています。 ◆債権法改正により判断や考え方が変わる場合は、施行前の実務と施行後の影響を説明しています。
  • 【電子版】不動産取引における 心理的瑕疵・環境瑕疵 対応のポイント 著/渡辺晋(弁護士) 単行本 ¥3,564 試し読み 発行年月:2019年05月 ※ 2019年5月28日(初版)発行 事故物件の取引上の留意点が分かる! ●不動産が抱える心理的欠陥(事故物件)・環境的欠陥に対する売主・貸主・仲介業者の義務・責任を解説するとともに、欠陥への該当性を判断した裁判例を紹介しています。 ●債権法改正が与える影響についても検討・解説しています。 ●不動産取引に精通した弁護士が執筆しています。
  • 【電子版】 不動産取引における 傾斜地・がけ地・擁壁の法律と実務 編著/大川 隆之 (弁護士)、大桐 代真子 (弁護士) 著 /関 由起子 (弁護士)、増田 庸司 (弁護士)、関根 究 (弁護士) 単行本 ¥4,536 試し読み 発行年月:2019年04月 ※ 2019年4月2日(初版)発行 重要事項説明時のポイントと紛争対応の指針がわかる! ◆第1編では、民法やがけ条例をはじめとする規制の内容や現地調査を実施する際の留意点等をQ&Aで解説しています。 第2編では、実際の紛争事例を掲げて予防・対応のポイントを示しています。 ◆宅建業務に精通した弁護士が共同で執筆しています。
  • 【電子版】不動産 権利者の調査・特定をめぐる実務 編著/山田猛司(全国公共嘱託登記司法書士協会協議会会長) 単行本 ¥3,348 試し読み 発行年月:2019年02月 ※ 2019年2月4日(初版)発行 権利の実現を円滑にするために! ◆不動産登記の権利部について、登記情報と現状との齟齬や、解決すべき課題が存在する場合の実務を1冊に集約! ◆権利者の調査や事案に応じた手続の選択、書類作成について、必要な知識や実務上のポイントを解説しています! ◆官公署からの権利関係の調査を数多く受託している全国公共嘱託登記司法書士協会協議会のメンバーが執筆しています。
  • 【電子版】 死因贈与の法律と実務 編集/本橋総合法律事務所 単行本 ¥3,456 試し読み 発行年月:2018年08月 ※2018年8月22日(初版)発行 相続問題解決の新たな視点が得られる1冊! ◆死因贈与を相続対策におけるツールとして活用する方法を、契約書の文例を交えて解説しています。 ◆死因贈与に関する法務に加え、登記手続から税務計算に至るまで、裁判例を交えながら、実務上の様々な問題を取り上げています。
  • 【電子版】〔改訂版〕建築設計・施工 クレーム対応マニュアル 編集/匠総合法律事務所 単行本 ¥4,212 試し読み 発行年月:2018年06月 ※2018年6月20日(改訂初版)発行 コンプライアンスとトラブル予防のために! ◆民法(債権法)改正に対応! 「瑕疵」から「契約不適合」への用語変更や責任期間の変更など、平成29年法律第44号にて公布された民法(債権法)改正に対応した最新版です。 ◆建築士・施工業者の立場から解説! 建築設計や施工現場で発生するクレームへの適切な対応方法について、建築士・施工業者の立場から、わかりやすく解説しています。 ◆さまざまな事例をピックアップ! 注文主の過剰要求・代金不払からインターネット上の誹謗中傷まで、実例をベ…
  • 【電子版】 必携 実務家のための法律相談ハンドブック 編集/第一東京弁護士会 全期旬和会 単行本 ¥2,376 試し読み 発行年月:2018年04月 ※2018年4月18日(初版)発行 適切な回答のための頼れる指針! ◆ 法律相談でよく受ける事例を厳選し、回答方針と留意すべき事項を解説しています。 ◆ 各相談事例は「見開き2頁」でコンパクトに編集しているので、相談対応のポイントや重要判例、実務上の取扱いなどをスムーズに確認できます。 ◆ 第一線で法律相談に携わる経験豊富な弁護士による実践的な内容です。
  • 【電子版】 Q&A 抵当権の法律と登記 著/青山修(司法書士) 単行本 ¥3,456 試し読み 発行年月:2018年04月 ※2018年4月4日(初版)発行 最新の抵当権実務に対応! ◆抵当権の登記で前提となる法的知識や実務で直面することが多い疑問点を取り上げ、Q&A形式で解説しています。 ◆「新債権法への対応」では、現在の登記実務と新債権法を関連付けて解説していますので、改正に伴う実務の変更点が容易にわかります。 ◆解説の根拠となる法令・先判例や文献を詳細に掲げ、図表を用いて複雑な事案を視覚化するなど、理解を助ける工夫をしています。 ◆登記申請書などの書式例を豊富に掲載し、作成上の留意事項を丁寧に解説しています。
  • 【電子版】新民法対応 契約審査手続マニュアル 編集/愛知県弁護士会 研修センター運営委員会 法律研究部 契約審査チーム 単行本 ¥4,320 試し読み 発行年月:2018年03月 ※2018年3月1日(初版)発行 迅速かつ的確に契約書をチェック! 移り変わる契約審査実務に対応した最新の実践書 ◆旧版「[類型別]契約審査手続マニュアル」に、民法(債権法)改正のポイントを盛り込み、新たな契約類型を取り入れる等、全面的に刷新しています。 ◆利用頻度の高い契約について、実務上発生しうる問題点と検討方法を示しています。 ◆各契約書中に【チェック事項】として、契約条項の留意事項を解説し、末尾には契約審査のポイントをまとめたチェックリストを掲載しています。
  • 【電子版】建物漏水をめぐる法律実務 編集/匠総合法律事務所 単行本 ¥3,240 試し読み 発行年月:2017年07月 ※ 2017年7月7日(初版)発行 スピーディな紛争解決のために! ◆漏水や雨漏りをめぐる様々な紛争事例を、裁判例をベースにわかりやすく解説しています。 ◆第1章~第4章で「所有者」「請負人」「売主」「賃貸人」などの法的責任を解説した上で、第5章では「損害賠償の範囲」についても取り上げています。 ◆住宅・建築・設計・不動産等の法律問題を専門的に扱う法律事務所の所属弁護士が、豊富な実務経験を踏まえて執筆しています。
  • 【電子版】改正消費者契約法対応 Q&A 消費者取引トラブル解決の手引 編集/名古屋消費者問題研究会 単行本 ¥3,348 試し読み 発行年月:2017年05月 ※ 2017年5月19日(初版)発行 多様化する消費者トラブルを契約類型別に詳解! ◆平成29年6月3日施行の改正消費者契約法をはじめとする消費者保護法制の改正や、平成29年1月24日最高裁判決(クロレラチラシ配布差止等請求事件)を踏まえた最新の内容です。 ◆オンライン取引や健康食品購入などの近年増加している新たな消費者トラブルを多く取り上げてその対処方法を解説するとともに、解決に欠かせない内容証明文例を豊富に掲載しています。 ◆消費者トラブルに精通した弁護士が、豊富な実務経験と知識に基づいて執筆しています。
  • 【電子版】説明義務の理論と実際 編著/根田正樹(日本大学教授) 単行本 ¥5,184 試し読み 発行年月:2017年02月 ※ 2017年2月15日(初版)発行 事業者、専門家の説明義務を横断的・網羅的に論究!! ◆説明義務・情報提供義務に関する理論と実際を、文献資料や裁判例を豊富に用いて詳述しています。 ◆各種取引等における説明義務の根拠や要件、範囲、違反による法的効果を明確にしています。 ◆実務に精通した研究者や法律専門家による編集・執筆です。
  • 【電子版】和解・調停条項と課税リスク〔第三版〕 監修/三木義一(青山学院大学教授・弁護士) 編著/馬渕泰至(弁護士・税理士) 単行本 ¥3,672 試し読み 発行年月:2014年12月 ※ 2014年12月19日(第三版)発行 和解・調停条項の裏に潜む課税リスクをチェックするために! ◆金銭、不動産、労働や相続など民事事件でよく作成される和解・調停条項を取り上げ、そこから発生する課税リスクをわかりやすく解説しています。 ◆【個人から個人】【法人から個人】など、場合分けにより課税関係を整理し、一覧形式でまとめるとともに、各税目ごとに「税務のポイント」で課税内容等を端的に示しています。 ◆弁護士のみならず、税理士、司法書士、行政書士など、法的合意に携わる専門家にご利用いただけます。
  • 【電子版】企業のための契約条項有利変更の手引 編著/植松勉(弁護士) 単行本 ¥3,888 試し読み 発行年月:2014年04月 ※ 2014年4月25日(初版)発行 自社に有利な契約書を作成するために! ◆企業が取り交わす各種契約書について、「基本例」として契約書全文を掲載し、その中から各当事者に有利となる「変更例」を条項ごとに示しています。 ◆契約条項を有利な内容に変更するためのポイントを、理論と実務の観点からわかりやすく解説しています。 ◆国際取引に関する契約書については、英文による「基本例」と「変更例」を掲載しています。
  • 【電子版】和解・調停条項と課税リスク 監修/三木義一(青山学院大学教授・弁護士) 編著/馬渕泰至(弁護士・税理士) 単行本 ¥3,672 試し読み 発行年月:2013年10月 ≪ 販売終了 ≫ ※ 2013年10月28日(第二版)発行 和解・調停条項の裏に潜む課税リスクをチェックするために! ◆金銭、不動産、労働や相続など民事事件でよく作成される和解・調停条項を取り上げ、そこから発生する課税リスクをわかりやすく解説しています。 ◆【個人から個人】【法人から個人】など、場合分けにより課税関係を整理し、一覧形式でまとめるとともに、各税目ごとに「税務のポイント」で課税内容等を端的に示しています。 ◆弁護士のみならず、税理士、司法書士、行政書士など、法的合意に携わる専門家にご利用いただけ…
  • カテゴリ「契約」の書籍をもっとみる

最近チェックした書籍

  • 最近チェックした書籍はありません