民事

サブカテゴリから探す

カテゴリ「民事 » 相続・遺言」に、57件が該当しました。
  • 【電子版】相続税 更正の請求 : ―Q&Aと事例解説― 編著/渡邉定義(税理士) 著/平岡良(税理士)、山野修敬(税理士) 単行本 ¥4,212 試し読み 発行年月:2019年07月 ※ 2019年7月11日(初版)発行 迷うことが多い相続税の「更正の請求」手続で頼りになる一冊!! ◆【Q&A編】では、相続税の更正の請求について、一般的な取扱いや基本的な考え方をわかりやすく解説しています。 ◆【事例編】では、更正の請求の要件や手続等について争われた判例・裁決例を取り上げ、実務上問題となるポイントを解説しています。 ◆税務当局で、主として資産税の審理事務に従事してきた著者が豊富な実務経験を踏まえて編集・執筆しています。
  • 【電子版】ミス事例でわかる 相続税・贈与税申告の実務ポイント 著/山本 信行(税理士) 単行本 ¥4,104 試し読み 発行年月:2019年07月 ※ 2019年7月4日(初版)発行 誤りやすい取扱いについて、ミス事例を掲げて解説! ◆重大な結果につながる事例や間違えやすい事例、著者が実際に悩んだ事例を中心に、申告業務プロセスに沿ってミス事例を掲げています。 ◆相続人の判定や納税義務者、課税財産・非課税財産・みなし相続財産、財産評価、課税価格・税額の計算等の項目ごとに、多数のミス事例を掲げた上で、正しい解釈や判断の仕方について解説しています。
  • 【電子版】判例・裁決例にみる 評基通によらない財産評価 : -「特別の事情」の存否- 共著/与良 秀雄(税理士)、渡邉 正則(税理士) 単行本 ¥3,888 試し読み 発行年月:2019年06月 ※ 2019年6月11日(初版)発行 財産評価基本通達6項の適用をめぐる判断事例を詳解! ◆「特別の事情」の存否について争われた判例・裁決例を厳選し、相続財産の種類別に分類・整理しています。 ◆各事例の問題点を明示した上で、「事案の概要」「納税者の主張」「課税庁の主張」「裁判所(審判所)の判断」を簡潔に掲げるとともに、判断のポイント等についてわかりやすく解説しています。 ◆国税当局で税務行政に携わった著者が、豊富な実務経験と知識を活かして執筆しています。
  • 【電子版】〔改正相続法対応〕Q&A 相続財産をめぐる第三者対抗要件 著/平田厚(明治大学法務研究科教授・弁護士) 単行本 ¥2,592 試し読み 発行年月:2019年02月 ※ 2019年2月13日(初版)発行 相続法の大改正を機に法律上の論点を整理! ◆相続と登記の関係性を、「法定相続分」「指定相続分」「相続放棄」「遺産分割」「遺贈」「「相続させる」旨の遺言」「遺留分」の7つの論点に分けて、実務上の取扱いと相続法改正の影響を解説しています。 ◆各設問では「POINT」として論点をわかりやすく掲げたうえで、重要な判例を整理・解説しています。
  • 【電子版】不動産 権利者の調査・特定をめぐる実務 編著/山田猛司(全国公共嘱託登記司法書士協会協議会会長) 単行本 ¥3,348 試し読み 発行年月:2019年02月 ※ 2019年2月4日(初版)発行 権利の実現を円滑にするために! ◆不動産登記の権利部について、登記情報と現状との齟齬や、解決すべき課題が存在する場合の実務を1冊に集約! ◆権利者の調査や事案に応じた手続の選択、書類作成について、必要な知識や実務上のポイントを解説しています! ◆官公署からの権利関係の調査を数多く受託している全国公共嘱託登記司法書士協会協議会のメンバーが執筆しています。
  • 【電子版】問題解決のための民事信託活用法 : -不動産有効活用、相続対策、後継者育成・事業承継… 著/石垣雄一郎(税理士) 単行本 ¥4,212 試し読み 発行年月:2019年01月 ※ 2019年1月11日(初版)発行 民事信託を提案するためのノウハウを公開! ◆超高齢社会を迎え、財産管理・承継の新たな方法としてますます注目される民事信託について、具体的な活用ケースと税制を解説しています。 ◆第1章では、著者の豊富な経験を基に問題となりやすいケースを設定し、信託活用による対応策について、信託契約書の作成過程等を示しつつ具体的に解説しています。 ◆第2章では、民事信託に関する税制上の留意点をQ&A形式で解説しています。
  • 【電子版】介護・医療現場が知っておくべき 認知症高齢者への対応と法律問題 共著/平田厚(明治大学法務研究科教授・弁護士)、厚東知成(医療法人社団翠会和光病院 医師)、神山慎一(社会福祉法人池上長寿園 社会福祉士) 単行本 ¥3,024 試し読み 発行年月:2019年01月 ※ 2019年1月8日(初版)発行 認知症の理解と認知症高齢者への支援のために! ◆認知症高齢者対応で必要な医学的な理解、地域包括ケアシステムによる支援体制、権利侵害や相続、施設内外でのトラブルなどの問題を幅広く取り上げています。 ◆介護・医療現場からの相談に、Q&A方式で法的にわかりやすく解説しています。 ◆社会福祉に造詣の深い弁護士、認知症の専門医、経験豊富な社会福祉士が執筆しています。
  • 【電子版】 事例でみる 事業承継の実務〔第二版〕 : -士業間連携と対応のポイント- 編集/大西隆司(弁護士) 単行本 ¥3,456 試し読み 発行年月:2018年12月 ※ 2018年12月13日(第二版)発行 税理士、弁護士、司法書士、中小企業診断士等の連携により事業承継事案に対応!! ◆法律、税金、登記など様々な問題が関係する事業承継の基本的な流れと代表的な手法を解説しています。 ◆各事例は、専門家と相談者若しくは専門家同士の対話を通じて解説されており、相談対応や、他士業との業務連携の方法・タイミングが理解できます。 ◆事業承継の場面ごとに押さえておくべき知識や手続等のポイントについて、図表や書式例を交えながらわかりやすく解説しています。
  • 【電子版】非上場株式評価のチェックリストと着眼点 共著/西山卓(税理士)、橋本将史(税理士) 単行本 ¥3,132 試し読み 発行年月:2018年12月 ※ 2018年12月7日(初版)発行 非上場株式評価の勘所を評価資料別に解説! ◆評価明細書別に作成者の視点に立ったチェックリスト及び着眼点(第1編)と、そのチェック者の視点に立った着眼点(第2編)を解説しています。 ◆第1編では、各項目の冒頭に「チェックリスト」を掲げた上で、実務上の勘所や見落としがちな論点を網羅的・端的に解説しています。 ◆税務会計事務所職員から税理士・公認会計士等の専門家まで、幅広くご利用いただける内容です。
  • 【電子版】Q&A 改正相続法のポイント : -改正経緯をふまえた実務の視点- 編集/日本弁護士連合会 単行本 ¥2,592 試し読み 発行年月:2018年11月 ※ 2018年11月29日(初版)発行 大きく変わる相続法制を実務家に向けて端的に解説! ◆相続法改正の重要論点をQ&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆改正の経緯やポイントを押さえながら、実務への影響について把握することができます。 ◆日本弁護士連合会の編集による、信頼できる確かな内容です。
  • 【電子版】実務家が陥りやすい 相続・遺言の落とし穴 編集/遺言・相続実務問題研究会、編集代表 野口大(弁護士)、藤井伸介(弁護士) 単行本 ¥3,240 試し読み 発行年月:2018年10月 ※2018年10月31日(初版)発行 落とし穴に気がついていますか!? ◆遺言書作成や遺産分割などに際し、実務家が誤解・誤認しやすい事項を具体的な「誤認例」に基づき解説しています。 ◆民法(相続関係)改正に言及した最新の内容です。 ◆実務に精通する弁護士の研究会が、相続・遺言分野に携わる専門家向けに執筆しています。
  • 【電子版】 死因贈与の法律と実務 編集/本橋総合法律事務所 単行本 ¥3,456 試し読み 発行年月:2018年08月 ※2018年8月22日(初版)発行 相続問題解決の新たな視点が得られる1冊! ◆死因贈与を相続対策におけるツールとして活用する方法を、契約書の文例を交えて解説しています。 ◆死因贈与に関する法務に加え、登記手続から税務計算に至るまで、裁判例を交えながら、実務上の様々な問題を取り上げています。
  • 【電子版】 ヒアリングシートを活用した 遺言書作成 聴取事項のチェックポイント 編著/伊東大祐(弁護士) 著/伊庭潔(弁護士)、岩田賢(弁護士)、佐藤正章(弁護士)、清水晃(弁護士) 単行本 ¥2,160 試し読み 発行年月:2018年07月 ※2018年7月3日(初版)発行 遺言書作成相談のスキルアップのために! ◆遺言書を作成する際、遺言者から聴取すべき事項をヒアリングシートに、検討すべき事項をCheckに集約しました! ◆家族関係、財産状況等の基本的な事項はもちろん、見過ごしがちな注意点をまとめるとともに、トラブル回避の方策についても、遺言条項例を交えて解説しました! ◆さまざまな使い方に対応できるヒアリングシートがダウンロードできます!
  • 【電子版】〔改訂版〕事例でみる スタンダード相続手続 : -士業間連携による対応方法- 編集/なにわ法律事務所相続事業部 代表 大西隆司(弁護士) 単行本 ¥3,780 試し読み 発行年月:2018年06月 ※ 2018年6月18日(改訂初版)発行弁護士、税理士、公認会計士、司法書士、不動産鑑定士の連携により相続問題を解決!! 〈改訂版の特色〉 預貯金債権の判例変更、法定相続情報証明制度などを反映した最新版! ◆相続で発生し得る5つのモデルをもとに、様々な専門家が関与する相続財産の処分について、標準的な手続を理解することができます。 ◆士業者と相談者、士業者と他の士業者の関わりを対話形式で示していますので、連携のタイミングや、相続発生後の手続を横断的に理解することができます。
  • 【電子版】〔平成30年度税制改正対応版〕目的別 生前贈与のポイントと活用事例 著/飯塚美幸(税理士・中小企業診断士) 単行本 ¥3,888 試し読み 発行年月:2018年05月 ※2018年5月25日(初版)発行 多様な生前贈与プランを紹介! 事業承継税制納税猶予特例の新設や一般社団法人等に関する相続税・贈与税の見直しなどの平成30年度税制改正を反映した最新版!! ●「子や孫への資金援助のため」「争族対策のため」などの目的別に、具体的なケースを掲げて、生前贈与活用の効果と留意点を示しています。 ●制度の要点や実践のポイントを、随所に図表を用いてわかりやすく解説しています。 ●資産税に精通した税理士が、豊富な実務経験と知識に基づいて執筆しています。
  • カテゴリ「相続・遺言」の書籍をもっとみる

最近チェックした書籍

  • 最近チェックした書籍はありません