民事

サブカテゴリから探す

カテゴリ「民事 » 相続・遺言」に、48件が該当しました。
  • 【電子版】Q&A 改正相続法のポイント : -改正経緯をふまえた実務の視点- 編集/日本弁護士連合会 単行本 ¥2,592 発行年月:2018年11月 大きく変わる相続法制を実務家に向けて端的に解説! ◆相続法改正の重要論点をQ&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆改正の経緯やポイントを押さえながら、実務への影響について把握することができます。 ◆日本弁護士連合会の編集による、信頼できる確かな内容です。
  • 【電子版】実務家が陥りやすい 相続・遺言の落とし穴 編集/遺言・相続実務問題研究会、編集代表 野口大(弁護士)、藤井伸介(弁護士) 単行本 ¥3,240 試し読み 発行年月:2018年10月 ※2018年10月31日(初版)発行 落とし穴に気がついていますか!? ◆遺言書作成や遺産分割などに際し、実務家が誤解・誤認しやすい事項を具体的な「誤認例」に基づき解説しています。 ◆民法(相続関係)改正に言及した最新の内容です。 ◆実務に精通する弁護士の研究会が、相続・遺言分野に携わる専門家向けに執筆しています。
  • 【電子版】 死因贈与の法律と実務 編集/本橋総合法律事務所 単行本 ¥3,456 試し読み 発行年月:2018年08月 ※2018年8月22日(初版)発行 相続問題解決の新たな視点が得られる1冊! ◆死因贈与を相続対策におけるツールとして活用する方法を、契約書の文例を交えて解説しています。 ◆死因贈与に関する法務に加え、登記手続から税務計算に至るまで、裁判例を交えながら、実務上の様々な問題を取り上げています。
  • 【電子版】 ヒアリングシートを活用した 遺言書作成 聴取事項のチェックポイント 編著/伊東大祐(弁護士) 著/伊庭潔(弁護士)、岩田賢(弁護士)、佐藤正章(弁護士)、清水晃(弁護士) 単行本 ¥2,160 試し読み 発行年月:2018年07月 ※2018年7月3日(初版)発行 遺言書作成相談のスキルアップのために! ◆遺言書を作成する際、遺言者から聴取すべき事項をヒアリングシートに、検討すべき事項をCheckに集約しました! ◆家族関係、財産状況等の基本的な事項はもちろん、見過ごしがちな注意点をまとめるとともに、トラブル回避の方策についても、遺言条項例を交えて解説しました! ◆さまざまな使い方に対応できるヒアリングシートがダウンロードできます!
  • 【電子版】〔改訂版〕事例でみる スタンダード相続手続 : -士業間連携による対応方法- 編集/なにわ法律事務所相続事業部 代表 大西隆司(弁護士) 単行本 ¥3,780 試し読み 発行年月:2018年06月 ※ 2018年6月18日(改訂初版)発行弁護士、税理士、公認会計士、司法書士、不動産鑑定士の連携により相続問題を解決!! 〈改訂版の特色〉 預貯金債権の判例変更、法定相続情報証明制度などを反映した最新版! ◆相続で発生し得る5つのモデルをもとに、様々な専門家が関与する相続財産の処分について、標準的な手続を理解することができます。 ◆士業者と相談者、士業者と他の士業者の関わりを対話形式で示していますので、連携のタイミングや、相続発生後の手続を横断的に理解することができます。
  • 【電子版】〔平成30年度税制改正対応版〕目的別 生前贈与のポイントと活用事例 著/飯塚美幸(税理士・中小企業診断士) 単行本 ¥3,888 試し読み 発行年月:2018年05月 ※2018年5月25日(初版)発行 多様な生前贈与プランを紹介! 事業承継税制納税猶予特例の新設や一般社団法人等に関する相続税・贈与税の見直しなどの平成30年度税制改正を反映した最新版!! ●「子や孫への資金援助のため」「争族対策のため」などの目的別に、具体的なケースを掲げて、生前贈与活用の効果と留意点を示しています。 ●制度の要点や実践のポイントを、随所に図表を用いてわかりやすく解説しています。 ●資産税に精通した税理士が、豊富な実務経験と知識に基づいて執筆しています。
  • 【電子版】Q&A 空き家をめぐる税務 : -空き家譲渡の3,000万円控除の特例を中心に- すいせん/日本税理士会連合会 編著/塩野入文雄(税理士)、鈴木雅博(税理士) 著/竹内春美(税理士)、熊谷洋平(税理士)、山下晃央(税理士)、白井勇(司法書士) 単行本 ¥2,592 試し読み 発行年月:2018年05月 ※2018年5月23日(初版)発行 複雑な空き家の税務がわかる1冊! ・ 譲渡対価の判定など、空き家譲渡の特例の適用に関し専門家でも判断に迷う問題を取り上げ、Q&A形式でわかりやすく解説 ・ 譲渡の特例や相続登記など、空き家をめぐる税務処理に不可欠な幅広い情報を網羅 ・ 資産承継の実務に精通した税理士、司法書士が共同で執筆した確かな内容
  • 【電子版】 必携 実務家のための法律相談ハンドブック 編集/第一東京弁護士会 全期旬和会 単行本 ¥2,376 試し読み 発行年月:2018年04月 ※2018年4月18日(初版)発行 適切な回答のための頼れる指針! ◆ 法律相談でよく受ける事例を厳選し、回答方針と留意すべき事項を解説しています。 ◆ 各相談事例は「見開き2頁」でコンパクトに編集しているので、相談対応のポイントや重要判例、実務上の取扱いなどをスムーズに確認できます。 ◆ 第一線で法律相談に携わる経験豊富な弁護士による実践的な内容です。
  • 【電子版】Q&A 未分割遺産の管理・処分をめぐる実務 共編/野々山哲郎(弁護士)、仲隆(弁護士)、浦岡由美子(弁護士) 単行本 ¥2,916 試し読み 発行年月:2018年04月 ※2018年4月6日(初版)発行 遺産共有をめぐる問題に適切に対処するために! ◆相続開始から遺産分割手続終了までの未分割遺産の管理・処分方法を、Q&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆実務に役立つ「参考判例」や「アドバイス」を掲載するとともに、手続に必要な書式を「参考書式」として掲載しています。 ◆実務に精通した弁護士が、豊富な経験を踏まえて執筆しています。
  • 【電子版】 事例でみる 事業承継の実務 : -士業間連携と対応のポイント- 編集/大西隆司(弁護士) 単行本 ¥3,456 試し読み 発行年月:2017年10月 ※2017年10月19日(初版)発行 税理士、弁護士、司法書士、中小企業診断士等の連携により事業承継事案に対応!! ◆法律、税金、登記など様々な問題が関係する事業承継の基本的な流れと代表的な手法を解説しています。 ◆各事例は、専門家と相談者若しくは専門家同士の対話を通じて解説されており、相談対応や、他士業との業務連携の方法・タイミングが理解できます。 ◆事業承継の場面ごとに押さえておくべき知識や手続等のポイントについて、図表や書式例を交えながらわかりやすく解説しています。
  • 【電子版】Q&A 相続人不存在・不在者 財産管理の手引 共編/野々山哲郎(弁護士)、仲隆(弁護士)、浦岡由美子(弁護士) 単行本 ¥3,672 試し読み 発行年月:2017年10月 ※2017年10月12日(初版)発行 管理主体が失われた財産を適切に管理するために! ◆相続放棄などにより相続人が不存在になった際や所有者が所在不明の際の財産の管理について、実務上の疑問点や問題点をQ&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆手続に必要な書式を「参考書式」として掲載するとともに、事件処理をする上で役に立つ知識を「コラム」として掲載しています。 ◆実務に精通した多数の弁護士が、それぞれの豊富な経験を踏まえて執筆しています。
  • 【電子版】目的別 生前贈与のポイントと活用事例 すいせん/日本税理士会連合会 著/飯塚美幸(税理士・中小企業診断士) 単行本 ¥3,888 試し読み 発行年月:2017年10月 ≪ 販売終了 ≫ ※2017年10月3日(初版)発行 多様な生前贈与プランを紹介! ◆「子や孫への資金援助のため」「争族対策のため」などの目的別に、具体的なケースを掲げて、生前贈与活用の効果と留意点を示しています。 ◆制度の要点や実践のポイントを、随所に図表を用いてわかりやすく解説しています。 ◆資産税に精通した税理士が、豊富な実務経験と知識に基づいて執筆しています。
  • 【電子版】 家事事件における 保全処分の実務と書式 編著/佐藤裕義(大船渡簡裁判事兼気仙沼簡裁判事) 単行本 ¥3,888 試し読み 発行年月:2017年08月 ※ 2017年8月25日(初版)発行 様々な事案に対応可能!申立文例を豊富に掲載! 迅速で適切な申立てのために! ■家事事件における保全処分の概要や手続などをQ&Aで解説したうえ、様々なケースの申立文例を紹介しています。 ■文例は、申立ての趣旨や保全の必要性に応じて様々な記載方法を示しました。 ■実務に精通した裁判所の判事・書記官が、豊富な経験を踏まえて執筆しています。
  • 【電子版】 審判例にみる 家事事件における事情変更 著/平田厚(明治大学法科大学院教授・弁護士) 単行本 ¥3,564 試し読み 発行年月:2017年07月 ※ 2017年7月10日(初版)発行 判断の指針となる事例を集約した唯一の書! ■ 家事事件の実務において問題となることが多い養育費や親権、相続などに関する事情変更について、事例を厳選し、分類・整理・検討しています。 ■ 各事例では、「主文」「主張された事情」「事実経過」「裁判所の判断」を掲げた上で、問題の所在や裁判所の考え方を解説しています。 ■ 家事事件の実務に精通した著者が豊富な経験を踏まえて執筆しています。
  • 【電子版】審判では解決しがたい 遺産分割の付随問題への対応 : -使途不明金・葬儀費用・祭祀承継・遺産収益分配等- 編集/遺言・相続実務問題研究会 代表/藤井伸介(弁護士) 単行本 ¥3,564 試し読み 発行年月:2017年04月 ※ 2017年4月6日(初版)発行 遺産分割審判とは別に解決すべき問題をピックアップ! ◆使途不明金や葬儀費用負担、遺産収益分配など、遺産分割審判の対象とならない付随的な問題に焦点を当て、その具体的な処理方法を解説しています。 ◆法制審議会の民法(相続関係)部会で審議中の民法改正や、預貯金が遺産分割対象になるかが争われた最高裁決定など、最新のトピックを織り込んだ充実の内容です。 ◆遺言・相続問題に精通する弁護士の研究会が、遺産分割に携わる専門家向けに執筆しています。
  • カテゴリ「相続・遺言」の書籍をもっとみる
  • Internet Explorerご利用のお客様
  • 電子書籍の読み方
  • 電子書籍アプリ
  • Facebookバナー

最近チェックした書籍

  • 最近チェックした書籍はありません