企業法務

サブカテゴリから探す

カテゴリ「企業法務 » 株式・株主総会」に、9件が該当しました。
  • 【電子版】スクイーズ・アウトと株価決定の実務 編著/内藤良祐(弁護士) 単行本 ¥3,996 試し読み 発行年月:2016年05月 ※ 2016年5月9日(初版)発行 会社法改正で注目を集めるスクイーズ・アウトについて詳細に解説! ◆平成27年に施行された会社法改正で、より利用しやすくなったスクイーズ・アウトについて、法務・税務の両面から詳細に解説しています。 ◆少数株主の保護の意義をはじめ、スクイーズ・アウトの手法、株式買取請求や株価決定の手続など、様々な実務問題を取り上げています。 ◆企業実務の第一線で活躍する実務家(弁護士・税理士)と会社法制に造詣の深い研究者が協同で執筆しています。
  • 【電子版】経営支配権をめぐる法律実務 : -解説・書式等とケーススタディ- 共著/二木康晴(弁護士)、平井貴之(弁護士) 単行本 ¥3,024 試し読み 発行年月:2016年04月 ※ 2016年4月6日(初版)発行 経営支配権争いに対処するために! ◆会社情報の収集や議決権の争奪、役員の選解任、損害賠償請求など、経営支配権紛争の解決に欠かせない法的知識を、横断的に取り上げています。 ◆【実務解説】、【対抗措置】では、経営支配権を取得する側の実務とそれに対抗する側の措置について、書式やコラムを交えつつ解説しています。また、【ケーススタディ】では、厳選した重要判例をわかりやすく紹介しています。 ◆特別支配株主によるスクイーズアウトの新たな手法など、近時の会社法改正に対応した最新の内容…
  • 【電子版】改正会社法と会計・税務の対応 共著/阿部泰久(経団連常務理事)、中東正文(名古屋大学大学院法学研究科教授)、緑川正博(公認会計士・税理士) 単行本 ¥2,808 試し読み 発行年月:2015年08月 ※ 2015年8月25日(初版)発行 改正会社法に対応した会計・税務がよくわかる! ◆会社法および関係省令の改正を踏まえて、会社法にかかわる法制、会計、税制の全体像を理解できる内容となっています。 ◆コーポレート・ガバナンスに関する事項や親子会社法制の整備など、企業実務にとって重要な改正がなされた会社法について、改正項目を中心に幅広く取り上げています。 ◆企業の法務・経理担当者をはじめ実務に携わる専門家まで、幅広い方々にご利用いただける内容です。
  • 【電子版】図解株式譲渡をめぐる税務Q&A 著/野口雅史(税理士) 単行本 ¥4,104 試し読み 発行年月:2014年11月 ※ 2014年11月26日(初版)発行 株式譲渡に伴う税務が図解でよくわかる! ◆株式の譲渡等に係るさまざまな課税関係について、Q&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆各設問では、課税の態様や特例制度の仕組み等を図表で端的に示しています。また、実務上留意すべき事項を「ここがポイント」として随所に掲げています。 ◆平成25年度、平成26年度における株式の譲渡等に係る税制改正を踏まえた最新の内容です。 ※平成25年度改正・・・少額投資非課税制度(NISA)の拡充、株式等に係る譲渡所得等の分離課税制度の見直…
  • 【電子版】判例・裁決例にみる非公開株式評価の実務 共著/森正道(税理士)、梶野研二(税理士) 単行本 ¥3,672 試し読み 発行年月:2014年10月 ※ 2014年10月31日(初版)発行 非公開株式の適正な評価の指針に! ◆非公開株式の評価をめぐって争われた判例・裁決例を厳選し、体系的に分類・整理した事例解説集です。 ◆各事例の問題点を明示した上で、事案の概要・当事者の主張・裁判所(審判所)の判断をコンパクトに紹介するとともに、判断のポイント等をわかりやすく解説しています。 ◆非公開裁決の事例(情報公開法による開示情報)や時価の考え方の参考となる税法以外の分野の判例も取り上げています。
  • 【電子版】会社法改正の潮流 : -理論と実務- 編集/関西商事法研究会 単行本 ¥4,320 試し読み 発行年月:2014年10月 ※ 2014年10月28日(初版)発行 会社法施行後、現在に至る改正の流れを理論と実務の両面から論究! ◆近時の会社法制の見直しを踏まえ、会社法改正にまつわる今日的課題を中心に取り上げて詳しく解説しています。 ◆脚注として、各テーマに関連する文献資料や裁判例などの情報を豊富に紹介しています。 ◆会社法に造詣の深い研究者・実務家の研究成果と実務における見解をまとめた一冊です。
  • 【電子版】税務からみた会社議事録作成のポイントと文例 共編/税理士法人エスネットワークス、司法書士法人星野合同事務所 単行本 ¥3,780 試し読み 発行年月:2014年10月 ※ 2014年10月20日(初版)発行 税務上のポイントを踏まえた会社議事録を作成するために! ◆税務に留意した議事録の文例を多数掲載! 税務上のポイントを踏まえた文例を豊富に掲載し、税務調査などで疎明資料として提示できる議事録の作成に役立ちます。 ◆具体的なケースでわかりやすく解説! 会社の機関、株式の発行や取得・譲渡、M&Aなどのケースごとに、議事録作成の要点を「POINT」で示し、税務上の問題点とそれに応じた作成上のポイントを「一覧表形式」で掲げ、わかりやすく解説しています。
  • 【電子版】[新旧対照表付]Q&A平成26年改正会社法 : 社外取締役の規律見直し、多重代表訴訟制度の創設など 編集/第一東京弁護士会総合法律研究所会社法研究部会 単行本 ¥3,024 試し読み 発行年月:2014年10月 ※ 2014年10月9日(初版)発行 平成26年6月公布の改正会社法を実務の視点からわかりやすく解説! <改正の主なポイント> 1 社外取締役の規律見直し 2 監査等委員会設置会社制度の創設 3 会計監査人の選解任等に関する議案の内容の決定 4 資金調達に関する規律の見直し 5 多重代表訴訟制度の創設 6 特別支配株主による株式等売渡請求制度の創設(いわゆるキャッシュ・アウト) 7 組織再編における株式買取請求等の見直し 8 会社分割等における債権者の保護の見直し
  • 【電子版】立法経緯から読む会社法改正 著/阿部泰久(経団連 常務理事) 単行本 ¥2,484 試し読み 発行年月:2014年07月 ※ 2014年7月28日(初版)発行 立法経緯や趣旨から会社法改正を理解する! ◆2014年6月に成立した改正会社法について、法制審議会での審議過程やその後の立法過程を紹介することにより、改正内容とその背景を明らかにしています。 ◆改正会社法の2大要素である、「コーポレート・ガバナンス」と「親子会社に関する規律」を、論点ごとに体系立てて詳しく解説しています。
  • 全9件表示しています
  • Internet Explorerご利用のお客様
  • 電子書籍の読み方
  • 電子書籍アプリ
  • Facebookバナー

最近チェックした書籍

  • 最近チェックした書籍はありません