厚生・労働

サブカテゴリから探す

カテゴリ「厚生・労働」に、33件が該当しました。
  • 【電子版】女性活躍推進法・改正育児介護休業法対応 女性社員の労務相談ハンドブック 共著/山浦美紀(弁護士)、大浦綾子(弁護士)、小西華子(弁護士)、里内友貴子(弁護士)、高橋佳子(特定社会保険労務士) 単行本 ¥2,592 試し読み 発行年月:2017年11月 ※2017年11月27日(初版)発行 女性社員の活躍の場を広げるために! ◆女性社員が十分に能力を発揮するための具体的な施策や、起こりがちな労務問題の解決策をQ&Aで解説しています。 ◆法的な解説に留まらず、働きやすい職場づくりのためのアドバイスも掲載されています。 ◆多種多様な労務問題を解決してきた女性弁護士と女性特定社会保険労務士が、自己の経験を活かして執筆しています。
  • 【電子版】Q&A 有期契約労働者の無期転換ルール 編著/別城信太郎(弁護士) 著/山浦美卯(弁護士)、山浦美紀(弁護士)、西本杏子(弁護士)、別城尚人(弁護士) 単行本 ¥2,700 試し読み 発行年月:2017年11月 ※2017年11月15日(初版)発行 平成30年4月から本格化! 新しい労働契約のルールに対応するために! ◆有期契約労働者からの無期転換申込みについて、ポイントとなる事項や実務での対応をQ&Aで解説しています。 ◆就業規則の例(全74条)や具体的なケースに応じた条項例など、実務で役立つ参考文例を豊富に掲載しています。 ◆経営法曹会議に所属し、企業の労務管理に精通した弁護士が豊富な経験を踏まえて執筆した確かな内容です。
  • 【電子版】 雇用形態・就業形態別で示す 就業規則整備のポイントと対応策 著/山口寛志(特定社会保険労務士) 単行本 ¥3,240 試し読み 発行年月:2017年06月 ※ 2017年6月13日(初版)発行 多様な働き方に応じたベストな就業規則を作るために! ◆各セクションには「トラブル予防チェックリスト」を登載していますので、規定の作成や見直しの際には規定内容ごとに注意すべきポイントがひと目でわかります。 ◆正社員・パートタイマー・契約社員などの雇用形態や、短時間勤務・在宅勤務などの就業形態に応じた「モデル規定例」を多数登載しています。 ◆就業規則や諸規程の作成に豊富な経験を有する特定社会保険労務士が労基法改正の動きを踏まえて執筆した、最新の内容です。
  • 【電子版】労務専門弁護士が教えるSNS・ITをめぐる雇用管理 : -Q&Aとポイント・書式例- 編著/小山博章(弁護士) 著/中山達夫(弁護士)、石井拓士(弁護士)、町田悠生子(弁護士) 単行本 ¥3,564 試し読み 発行年月:2016年07月 ※ 2016年7月12日(初版)発行 SNS・ITをめぐる新しい労務問題に適切に対応するために! ◆SNS・ITをめぐって生じ得るトラブルやそのリスクについて、Q&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆就業規則や通知書・誓約書など、実務に役立つ規定例や書式を多数収載しています。 ◆人事労務案件を専門的に扱う弁護士が、使用者側の視点から執筆しています。
  • 【電子版】懲戒処分をめぐる法律実務 : -Q&Aと事例- 編集/弁護士法人御堂筋法律事務所 単行本 ¥3,888 試し読み 発行年月:2014年09月 ※ 2014年9月18日(初版)発行 判断に迷う懲戒事案で誤らないために! ◆[Q&A編]では、懲戒処分を行うための適正な手続や留意点について、Q&A形式で解説し、懲戒処分対応に際して用いる書式例も掲載しています。 ◆[事例編]では、重要判例を懲戒事由ごとに整理し、各判例について事案の概要や裁判所の判断を紹介した上で、実務的観点からの考察を加えています。 ◆戒告、減給、出勤停止、降格など、解雇以外の懲戒処分についても幅広く取り上げています。
  • 【電子版】裁判事例から見える労務管理の対応策 著/山口寛志(特定社会保険労務士) 単行本 ¥3,240 試し読み 発行年月:2014年05月 ※ 2014年5月30日(初版)発行 最新の裁判事例を基に労務管理のポイントを解説! ◆主要な裁判事例をフィクション形式でわかりやすく紹介するとともに、実際の労務管理で役立つ具体的な実務対応のポイントを解説しています。 ◆労務管理の主要テーマごとに会社側敗訴の裁判事例を検証し、会社側の「敗因分析」や「裁判の傾向」を明らかにしています。 ◆具体的な就業規則例や従業員対応に必要な書式例を適宜掲げています。
  • 【電子版】最新裁判例にみる職場復帰・復職トラブル予防のポイント 編著/浅井隆(弁護士) 単行本 ¥3,888 試し読み 発行年月:2014年04月 ※ 2014年4月23日(初版)発行 休職者等が職場復帰・復職する際のトラブルを予防するために! ●職場復帰・復職をめぐって争われた事例の中から、実務の指針となる最高裁判例や最新の裁判例を取り上げ、トラブルが起きないためのポイントをわかりやすく解説しています。 ●私傷病だけでなく、業務上疾病などの休職からの職場復帰・復職に関する事例についても取り上げています。 ●労働事件に精通した新進気鋭の弁護士が、使用者側の視点に立って執筆しています。
  • 【電子版】労働時間対策と就業規則整備のポイント 著/深津伸子(特定社会保険労務士) 単行本 ¥3,240 試し読み 発行年月:2013年03月 ※ 2013年3月22日(初版)発行 就業規則の整備による適切な労働時間対策を! ◆労働時間管理に関する留意事項を就業規則の整備方法とともに解説した、実践的な内容です。 ◆労働時間を管理する上で間違いやすいポイントについて、Q&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆労働時間対策に有効な就業規則例、労使協定例などを豊富に掲載しています。
  • 【電子版】最新労働紛争予防の実務と書式 編著/浅井隆(弁護士) 単行本 ¥3,996 試し読み 発行年月:2012年02月 ※ 2012年2月16日発行 ポイントを押さえてトラブルの芽を摘む! ●近年の裁判例を紛争予防の観点から分析し、トラブルを生じさせないためのポイントをわかりやすく解説しています。 ●紛争予防 では、就業規則や通知書・誓約書など、有用な規程例や書式を多数収載しています。 ●ケース では、個別の裁判例を紹介し、そこから導き出される紛争の予防策を提示しています。 ●労働事件に精通した弁護士が、企業の実情を踏まえて編集・執筆しています。
  • 【電子版】Q&A 介護職種の技能実習生受入れの手引 編集/公益社団法人 日本介護福祉士会、技能実習生の適正受入等推進研究会 単行本 ¥2,268 試し読み 発行年月:2018年06月 ※2018年6月6日(初版)発行 介護現場への技能実習生の受入れを検討・実施するために! ◆平成29年11月に施行された外国人技能実習制度への介護職種の追加について、実務上の留意点をQ&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆制度の概要から受入れの検討、受入体制の整備、受入実施後の指導・労務管理まで、施設・事業所等が技能実習生を受け入れるために必要な知識を1冊に集約しています。 ◆(公社)日本介護福祉士会の専門研究会が蓄積した知識と経験を基に編集・執筆した、信頼できる確かな内容です。
  • 【電子版】労働事件処理マニュアル 編著/坂本正幸(弁護士) 単行本 ¥2,700 試し読み 発行年月:2011年12月 ※ 2012年3月2日(第二刷)発行 労働事件を迅速・適切に処理するために! ●相談受付から紛争解決まで具体的な対処方法を詳解。 ●事件処理の流れを【フローチャート】で示した上で、労働事件を扱う際の重要ポイントを説明した実践的なマニュアル書。 ●裁判か裁判外かの手続選択の検討のみならず、労働審判、ADRなどの様々な個別労働紛争解決方法についても解説。 ◆各紛争解決手続で必要な訴状、申立書、答弁書などを記載例付きで掲載。
  • 【電子版】精神保健福祉の法律相談ハンドブック すいせん/公益社団法人日本精神保健福祉士協会 編著/池原毅和(弁護士) 単行本 ¥3,564 試し読み 発行年月:2014年07月 ※ 2014年7月15日(初版)発行 平成26年施行の改正「精神保健福祉法」に対応した最新版 ◆生活、健康、権利侵害、刑事事件など、精神障害者の福祉・支援に関するさまざまな法律問題を、相談形式で幅広く取り上げています。 ◆各設問では、法的な問題点をわかりやすく解説するとともに、適宜、実務に役立つ情報を「MEMO」として掲げています。 ◆この分野での実務経験豊富な弁護士による執筆で、信頼できる内容です。
  • 【電子版】裁判例にみる 企業のセクハラ・パワハラ対応の手引 編著/中町誠(弁護士)、中井智子(弁護士) 単行本 ¥3,780 試し読み 発行年月:2012年01月 ※ 2012年1月13日発行 トラブルへの迅速・的確な対応に役立つ! ●労務管理上の深刻な問題であるセクハラ・パワハラに関する裁判例の中から100件を厳選・整理し、詳細に検討しています。 ●各事例では、どのような判断を経て事実の認定がなされたか(なされなかったか)を解説した上で、企業がとるべき対応方法や留意点を【アドバイス】で示しています。 ●労働問題に詳しい弁護士が企業側の視点に立って執筆していますので、企業の担当者や弁護士等の参考になります。
  • 【電子版】〔新版〕看護師の注意義務と責任 : -Q&Aと事故事例の解説- 編著/加藤済仁(弁護士・医師)、蒔田覚(弁護士) 単行本 ¥3,456 発行年月:2018年11月 看護職への社会的な期待が高まっています! ◆看護業務における法律上の責任について、最新の法律や通知を交えながらQ&Aでわかりやすく解説しています。 ◆看護師や医療従事者が知っておくべき裁判例を事故態様ごとに分類・整理し47件の事故事例を紹介しています。 ◆各事例について裁判所の判断を示しながらコメントを加えるとともに、随所で事故原因や予防方法などにも言及しています。
  • 【電子版】事例解説 保育事故における注意義務と責任〔第三版〕 編著/古笛恵子(弁護士) 執筆者(五十音順)/上野園美(弁護士)、小川美帆(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、垣内惠子(弁護士)、岸郁子(弁護士)、木谷京子(弁護士)、古笛恵子(弁護士)、下地麻貴(弁護士)、… 単行本 ¥2,376 試し読み 発行年月:2014年06月 ※ 2014年6月2日(第三版)発行 子どもの事故に適切に対応するために! ●保育所や幼稚園、学童保育など、家庭や学校以外で生じた子どもの事故を幅広く取り上げています。 ●転倒・誤飲事故から、子どもが加害者となったケースまで、60件の事例を整理し、保育者や保育施設設置者等の法的責任について裁判例を交えてわかりやすく解説しています。 ● 統計に基づく最新の保育情勢や保険(共済)に関する知識などを盛り込んだ関係者必携の書籍です。
  • カテゴリ「厚生・労働」の書籍をもっとみる
  • Internet Explorerご利用のお客様
  • 電子書籍の読み方
  • 電子書籍アプリ
  • Facebookバナー

最近チェックした書籍

  • 最近チェックした書籍はありません