税務・会計

サブカテゴリから探す

カテゴリ「税務・会計」に、90件が該当しました。
  • 【電子版】〔改訂版〕 ケース別 相続手続添付書類チェックリスト 編著/掛川雅仁(税理士) 単行本 ¥4,320 試し読み 発行年月:2017年02月 ※ 2017年2月22日(改訂初版)発行 手続のポイントと準備書類を素早くチェック! 〈改訂版の内容〉 ・家事事件手続法に対応。 ・相続税法をはじめとした税法の改正等に伴い各種の手続とその際に必要な添付書類(情報)の変更を行った最新版です。 ●裁判所への申立てから名義変更、登記申請、税務申告、保険請求、事業承継まで、相続をめぐる様々な手続がこの一冊でわかります。 ●ケースごとの必要書類がチェックリストにまとめてあり、漏れなく素早く確認できます。
  • 【電子版】小規模宅地等の特例適用の手引 著/吉本覚(税理士) 単行本 ¥4,104 試し読み 発行年月:2016年11月 ※ 2016年11月30日(初版)発行 特例の適用が○×でわかる! ◆小規模宅地等の具体的な相続事例を130余件取り上げ、相続税課税価格の計算の特例が適用できるか否かを「○」「×」「△」の記号で明示しています。 ◆特例の適用要件や判定のポイントを、随所に図表を用いながらわかりやすく解説しています。 ◆課税当局で資産税を長きにわたり担当した、この分野に造詣の深い税理士が執筆しています。
  • 【電子版】土地評価実務における評価単位 : -Q&Aとケース・スタディ- 編著/小林登(税理士) 著/税理士法人 JPコンサルタンツ 単行本 ¥3,024 試し読み 発行年月:2016年11月 ※ 2016年11月17日(初版)発行 相続土地の「評価単位」に焦点を当てて詳解! 【Q&A編】では、財産評価基本通達に規定する様々な土地の「評価上の区分」や「評価単位」について、Q&A形式でわかりやすく解説しています。 【ケース・スタディ編】では、具体的なケースに応じた「評価単位」の考え方について、図を交えながら詳しく解説し、適宜、相続税評価額の計算例を示しています。
  • 【電子版】判例・裁決例にみる名義財産の帰属認定 著/峰岡睦久(税理士) 単行本 ¥3,024 試し読み 発行年月:2016年10月 ※ 2016年10月12日(初版)発行 税務調査で問題になりやすい事例を徹底分析! ◆名義財産の該当性が争われた判例・裁決例を取り上げ、判断のポイントを解説しています。 ◆各事例には「advice」を設け、名義財産とされないための予防策等、実務上の留意点をわかりやすく解説しています。 ◆国税当局で税務行政に携わった著者が、豊富な実務経験と知識を生かして執筆しています。
  • 【電子版】国際税務の専門家からみた出国税と国外財産調書等の実務 共著/高山政信(税理士)、廣瀬壮一(税理士) 単行本 ¥2,700 試し読み 発行年月:2016年10月 ※ 2016年10月25日(初版)発行 富裕層への適切なアドバイスのために! ◆海外資産を捕捉するための出国税等の制度について、国税庁FAQでは触れられていない点にまで言及しながら、わかりやすく解説しています。 ◆具体的な事例に基づいて、国外財産調書や財産債務調書の記載方法を紹介しています。 ◆国税当局で国際税務行政に携わった著者による、信頼できる確かな内容です。
  • 【電子版】ケース別相続土地の評価減 著/梶野研二(税理士) 単行本 ¥3,024 試し読み 発行年月:2015年11月 ※ 2015年11月27日(初版)発行 相続税対策の手掛かりに! ◆財産評価基本通達で規定する一般的な評価・算定基準への当てはめが難しいケースを取り上げ、計算例や判例・裁決例を交えて評価減の考え方を詳しく解説しています。 ◆地形や形質、周囲の環境、利用制限などの評価減の原因ごとにケースを分類・整理しています。
  • 【電子版】事業承継相談対応マニュアル 編集/浅野洋(税理士) 単行本 ¥3,240 試し読み 発行年月:2015年10月 ※ 2015年10月28日(初版)発行 クライアントの事情に応じた事業承継を提案するために! ◆多様化する事業承継について、相談・受任から事業承継完了までの業務を一連の流れに沿ってわかりやすく解説しています。 ◆事業承継の手続を、それぞれの場面ごとに【フローチャート】で示した上で、そのポイントを【ケーススタディ】や【アドバイス】【書式】を交えて解説しています。 ◆親族内での事業承継はもちろん、近年増加している親族外への事業承継やM&Aを利用した事業承継についても詳しく取り上げています。
  • 【電子版】判例・裁決例にみる贈与の税務判断 編集/税理士法人エーティーオー財産相談室 単行本 ¥3,456 試し読み 発行年月:2015年06月 ※ 2015年6月8日(初版)発行 多様な贈与財産についての税務相談に活用できる! ◆(1)贈与事実の認定、(2)低額譲受けや負担付贈与、(3)贈与の時期等について税務上の判断を示した判例・裁決例を厳選し、贈与財産の種類ごとに分類・整理のうえ解説しています。 ◆各事例では、事案の概要について図表を交えて紹介し、裁判所・国税不服審判所の判断について結論とポイントを簡潔にまとめるなど、読みやすさを第一として整理・解説しています。
  • 【電子版】Q&A遺産分割後のトラブル対応〔第二版〕 : -法務・登記・税務- 編集/遺言・相続実務問題研究会 代表/藤井伸介(弁護士) 単行本 ¥4,212 試し読み 発行年月:2015年01月 ※ 2015年1月20日(第二版)発行 遺産分割が終了した後に起こるトラブルを解決するために! ◆遺産分割における協議・調停・審判がなされた後に起こりうるトラブル事例を取り上げ、適切な対応方法をQ&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆対応方法のポイントを表形式で掲げ、トラブル発生時における法務・登記・税務の留意事項を端的に示しています。 ◆平成25年9月4日最高裁判所決定(婚外子差別違憲決定)及び同決定に伴う民法改正(12月11日公布)に言及した最新の内容です。 ◆弁護士のみならず、司法書士、税理士、…
  • 【電子版】ケースにみる宅地相続の実務 : -評価・遺産分割・納税- 編著/清田幸弘(税理士) 著/妹尾芳郎(公認会計士・税理士)、沖田豊明(不動産鑑定士・税理士)、清野宏之(税理士)、千﨑唯史(税理士)、永瀬寿子(税理士) 単行本 ¥3,888 試し読み 発行年月:2014年12月 ※ 2014年12月4日(初版)発行 相続において重要な「宅地」に関わる実務の処理が多面的にわかる! ◆宅地の相続税評価額の算定について、ケースを設定して図や計算例を交えながら具体的に解説しています。小規模宅地等の特例については、原則的な事例から判断に迷う事例まで、章を設けて収載いたしました。 ◆宅地の相続に関連して問題となりやすい、遺産分割の手法や納税方法についてもわかりやすく解説しています。 ◆平成27年1月1日以降の相続に適用される相続税法等の改正内容を盛り込んだ最新版です。
  • 【電子版】判例・裁決例にみる 関連会社・役員との取引をめぐる税務判断 編著/山本守之(税理士) 単行本 ¥3,456 発行年月:2017年05月 会社間、会社と役員間の取引における税務判断のポイントが分かる! ◆関連会社や役員との取引において、取引価額や形態が税務上適正であるかの判断を示した判例・裁決例を厳選し、取引の内容により分類・整理した事例解説集です。 ◆各事例では、事案の概要と当事者の主張を紹介して争点を明確にするとともに、裁判所・国税不服審判所の判断について結論とポイントを簡潔にまとめ、実務への影響についてコメントしています。 ◆近年話題になったIBM事件や日産自動車事件をはじめ、情報公開請求による非公開裁決例も取り上げています。
  • 【電子版】業種別税務調査のポイント : -国税調査官の視点とアドバイス- 著/渡邊崇甫(税理士・元大阪国税局国税調査官) 単行本 ¥3,456 試し読み 発行年月:2016年11月 ※ 2016年11月15日(初版)発行 税務調査官の着眼点がわかる! ◆税務処理で誤りに陥りやすいポイントを業種別に明らかにし、税務調査での問題点を解説しています。 ◆是認・否認の判断について、「税務調査官ならでは」の視点で解説し、適切なアドバイスをしています。 ◆国税当局で法人の税務調査に長年携わった著者が、豊富な実務経験と知識を活かして執筆しています。
  • 【電子版】改正会社法と会計・税務の対応 共著/阿部泰久(経団連常務理事)、中東正文(名古屋大学大学院法学研究科教授)、緑川正博(公認会計士・税理士) 単行本 ¥2,808 試し読み 発行年月:2015年08月 ※ 2015年8月25日(初版)発行 改正会社法に対応した会計・税務がよくわかる! ◆会社法および関係省令の改正を踏まえて、会社法にかかわる法制、会計、税制の全体像を理解できる内容となっています。 ◆コーポレート・ガバナンスに関する事項や親子会社法制の整備など、企業実務にとって重要な改正がなされた会社法について、改正項目を中心に幅広く取り上げています。 ◆企業の法務・経理担当者をはじめ実務に携わる専門家まで、幅広い方々にご利用いただける内容です。
  • 【電子版】図解株式譲渡をめぐる税務Q&A 著/野口雅史(税理士) 単行本 ¥4,104 試し読み 発行年月:2014年11月 ※ 2014年11月26日(初版)発行 株式譲渡に伴う税務が図解でよくわかる! ◆株式の譲渡等に係るさまざまな課税関係について、Q&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆各設問では、課税の態様や特例制度の仕組み等を図表で端的に示しています。また、実務上留意すべき事項を「ここがポイント」として随所に掲げています。 ◆平成25年度、平成26年度における株式の譲渡等に係る税制改正を踏まえた最新の内容です。 ※平成25年度改正・・・少額投資非課税制度(NISA)の拡充、株式等に係る譲渡所得等の分離課税制度の見直…
  • 【電子版】Q&A遺産分割後のトラブル対応 : -法務・登記・税務- 編集/遺言・相続実務問題研究会 代表/藤井伸介(弁護士) 単行本 ¥4,212 試し読み 発行年月:2014年03月 ≪ 販売終了 ≫ ※ 2014年3月13日(初版)発行 遺産分割が終了した後に起こるトラブルを解決するために! ◆遺産分割における協議・調停・審判がなされた後に起こりうるトラブル事例を取り上げ、適切な対応方法をQ&A形式でわかりやすく解説しています。 ◆対応方法のポイントを表形式で掲げ、トラブル発生時における法務・登記・税務の留意事項を端的に示しています。 ◆平成25年9月4日最高裁判所決定(婚外子差別違憲決定)及び同決定に伴う民法改正(12月11日公布)に言及した最新の内容です。 ◆弁護士のみならず、司…
  • カテゴリ「税務・会計」の書籍をもっとみる
  • Internet Explorerご利用のお客様
  • 電子書籍の読み方
  • 電子書籍アプリ
  • Facebookバナー

最近チェックした書籍

  • 最近チェックした書籍はありません