おすすめ書籍

カテゴリ「おすすめ書籍」に、8件が該当しました。
  • 【電子版】判例・裁決例にみる名義財産の帰属認定 著/峰岡睦久(税理士) 単行本 ¥3,024 試し読み 発行年月:2016年10月 ※ 2016年10月12日(初版)発行 税務調査で問題になりやすい事例を徹底分析! ◆名義財産の該当性が争われた判例・裁決例を取り上げ、判断のポイントを解説しています。 ◆各事例には「advice」を設け、名義財産とされないための予防策等、実務上の留意点をわかりやすく解説しています。 ◆国税当局で税務行政に携わった著者が、豊富な実務経験と知識を生かして執筆しています。
  • 【電子版】ドキュメント離婚事件 : -12の困難事件から調停・裁判実務を学ぶ- 編著/杉井静子(弁護士)、栗山れい子(弁護士)、露木肇子(弁護士)、真野文惠(弁護士)、増井賢(弁護士)、鳥生尚美(弁護士) 著/近藤わかな(弁護士)、杉野公彦(弁護士)、鈴木芳乃(弁護士)、神原み… 単行本 ¥2,376 試し読み 発行年月:2016年10月 ※ 2016年10月17日(初版)発行 当事者が納得できる解決に導くために! ◆裁判所の判断が示された争点が異なる12の実例を取り上げ、事件の発端から終結までの各場面を、具体的に臨場感をもって紹介し、留意事項をわかりやすく解説しています。 ◆困難化する離婚事件の適切な解決に向けて、事件の見通しを立てるためのポイントを「本ケースを解決するための勘どころ」として掲載しています。
  • 【電子版】若手弁護士のための民事裁判実務の留意点 著/圓道至剛(弁護士) 単行本 ¥3,672 試し読み 発行年月:2014年01月 ≪ 販売終了 ≫ ※ 2014年1月6日(第二版)発行 民事訴訟活動における「ありがちな失敗」を回避するために! ◆民事裁判の第一審・控訴審における実務上の留意点について、裁判所内部の事務手続を交えて解説しています。 ◆他の書籍には書かれていない「実務家の常識」にあえて言及していますので、初めて経験する訴訟実務にも対応できます。 ◆民事裁判で使用する書式・文例のサンプルを多数掲載しています。 ◆民事裁判官の経験を有する弁護士が執筆しています。
  • 【電子版】Q&A 士業のための確定申告 共著/伊藤税(税理士)、野口雅史(税理士) 単行本 ¥3,132 試し読み 発行年月:2012年11月 ※ 2012年11月21日(初版)発行 弁護士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士などの「士業」の確定申告をサポート! ●士業が確定申告を行うにあたって、必要となる知識や特有な問題をQ&Aでわかりやすく解説しています。また、留意事項は適宜Memoとして紹介しています。 ●新規に開業した際の確定申告書の作成方法について順を追って示すとともに、税務申告に必要な様式例を掲げています。 ●士業への税務調査の経験を豊富に持ち、士業特有の税務問題に精通している税理士による執筆です。
  • 【電子版】[定期購読]週刊T&Amaster : 税務・会計・会社法の総合情報誌 編集・発行/ロータス21 単行本 ¥18,144 試し読み 発行年月:2017年10月 ≪ 通常書籍は、新規ご購読のお客様限定の              年間購読お試しキャンペーンを実施中です!! ≫      → 新日本法規出版 Webショップはこちら ※ 定期購読/年48回発行 ★3分野の目まぐるしい改正にも素早く対応!今までにない一歩先を行く専門誌です! Speed 「ウェブサイト」(専門誌初!24時間体制で記者が更新!!) 最新ニュースをリアルタイムに掲載。情報の速さは日本一。 最近の動向が一目でわかる項目別表示、検索機能付。 Quality 「週刊誌」(毎週発行)税制改正情報、税務…
  • 【電子版】相続人・相続財産調査マニュアル 編著/清田幸弘(税理士) 著/妹尾芳郎(公認会計士・税理士・行政書士)、下崎寛(不動産鑑定士・税理士)、沖田豊明(不動産鑑定士・税理士)、大村文明(税理士)、清野宏之(税理士)、永瀬寿子(税理士)、… 単行本 ¥3,240 試し読み 発行年月:2011年08月 ※ 2011年8月10日(第六刷)発行 相続財産等を漏れなく調査するために! ●土地・家屋から相続債務まで様々な相続財産を取り上げ、全81項目についてその調査方法を詳しく解説しています。 ●相続財産ごとに確認事項や収集資料をチェックリストで簡潔に示していますので、漏れのない確認が簡単にできます。 ●実務に役立つコラムや参考となる書式を随所に登載しています。
  • 【電子版】登記官からみた「真正な登記名義の回復」・「錯誤」 : ―誤用されやすい登記原因― 著/青木登(元東京法務局豊島出張所総務登記官) 単行本 ¥2,808 試し読み 発行年月:2013年01月 ≪ 販売終了 ≫ ※ 2013年1月16日(初版)発行 実務家の疑問を解消する1冊! ●登記原因の中でも誤用されやすい「真正な登記名義の回復」及び「錯誤」の考え方を、先例・判例等の分析を通して明らかにしています。 ●実務に精通した元登記官が、司法書士や法務局職員等から寄せられた質問を踏まえて、豊富な経験に基づき執筆しています。
  • 【電子版】遺言・相続法務の最前線 : ―専門家からの相談事例― 編集/遺言・相続実務問題研究会 代表/藤井伸介(弁護士) 単行本 ¥3,888 試し読み 発行年月:2013年03月 ※ 2013年3月25日(第二版)発行 実際の紛争解決に役立つノウハウが満載! ●遺言・相続に精通する弁護士により結成された研究会の成果をまとめました。 ●事件処理に携わる弁護士、司法書士などから、研究会に寄せられた相談事例を多数収録しています。 ●問題解決に必要な専門実務的知識や留意点を詳解した実践的かつ先進的な内容です。
  • 全8件表示しています
  • Internet Explorerご利用のお客様
  • 電子書籍の読み方
  • 電子書籍アプリ
  • Facebookバナー

最近チェックした書籍

  • 最近チェックした書籍はありません