• ホーム
  • 【電子版】事例にみる遺言の効力

【電子版】事例にみる遺言の効力

編集/大阪弁護士会遺言・相続センター
単行本
商品コード
81260050
ISBN
978-4-7882-7611-6
サイズ
A5
巻数
1
ページ数
504
発行年月
2011年10月
カテゴリ
相続・遺言
通常書籍、EPUB版電子書籍等はWebショップにてご案内しております。

詳細

※ 2011年10月31日(第三刷)発行

遺言書の作成にかかわる専門家必携の書!
●遺言内容の解釈、遺言能力の有無、遺言の方式など「遺言の効力」をめぐって争われた裁判例を分類・整理し、実務に役立つ98の事例を紹介しています。
●各事例では、【裁判所の認定した事実】を時系列の表でまとめるとともに、【当事者の主張】【裁判所の判断】により争点と結論を整理した上で、実務的観点からの【コメント】を付しています。
●コラムとして、実務上のアドバイスを随所に掲載しています。

注意事項

本商品は、2011年10月31日(第三刷)に発行されたものです。

目次

第1章 序 説
第2章 遺言文言の解釈
第3章 相続させる遺言
第4章 遺言能力(意思能力)
 第1 無効とされた事例
 第2 有効とされた事例
第5章 遺言の方式
 第1 自筆証書遺言
  1 自書など
  2 押印など
  3 日付など
  4 加除・変更など
 第2 公正証書遺言
 第3 危急時遺言
 第4 秘密証書遺言
第6章 遺贈及び死因贈与の効力
 第1 遺贈の効力
 第2 死因贈与の効力
第7章 その他遺言の事例
 第1 共同遺言
 第2 渉外遺言
 第3 遺言の取消し・撤回
 第4 破棄隠匿された遺言の効力
第8章 遺言の効力をめぐる諸問題
 第1 はじめに
 第2 相続人の処分制限効
 第3 遺言書検認手続の要否
 第4 遺言執行者の職務権限
 第5 遺贈(包括・特定の両方を含む)の実現方法
 第6 相続人不存在などの場合の遺言執行者
 第7 遺言執行者の解任、注意義務、その他の義務
 第8 遺言と異なる遺産分割協議の効力
 第9 その他
索  引
コラム一覧

カテゴリ「相続・遺言」のその他の書籍